最近、バイトの面接で、履歴書が不要っていう飲食店が増えてきています。

それって、辞めていくバイトが多いから…。

いや!そうではないようです。

そこで、飲食店のバイト面接で、なぜ、履歴書が不要なのかについてお話します。


<目次>
・なぜ飲食店のバイト面接で履歴書が不要になったのか?

・履歴書不要の場合の面接時に持っていくものとは?

・おすすめのバイト求人サイト!

 

なぜ飲食店のバイト面接で履歴書が不要になったのか?

なぜ、履歴書が必要なのか?

それは、企業が労働者を雇う際に「労働者名簿」を作成する義務があるからです。

労働基準監督署がチェックする帳簿は「賃金台帳」「出勤簿」そして「労働者名簿」の3つです。

この「法定三帳簿」を企業が必ず整備しなければならないからです。

つまり、履歴書は「労働者名簿」の内容を正しく記載するために、必要な情報を書き写すために必要なものなのです

 

では、「労働者名簿」に何を書くのでしょうか?

・労働者の氏名
・生年月日
・履歴(過去の経歴)
・性別
・現住所
・雇入の年月日
・退職年月日およびその事由(退職の事由が解雇の場合はその理由を含む)
・死亡の年月日およびその原因

以上が「労働者名簿」に書く内容です。

 

ではなぜ、履歴書が不要になるのか?

 

「労働者名簿」に書く内容が分かればそれでいいのですから、履歴書がなくても、上記の書く内容が分かれば、履歴書はいらないということになるのです。

最近では、飲食店側が、独自の応募情報を記入するための書類を用意していて、それに「労働者名簿」に書く内容を書くといって仕組みをとっているところもあるようです。

 

しかし、履歴書を不要にしているのは、多くの応募をしてもらいたいのが大きいのではないでしょうか?

また、余計な手間を省くのも、履歴書を不要にしている飲食店が多いようです。

では、面接時に何を持っていけばいいのでしょうか?

次の項で、履歴書を不要の場合の面接時に持っていくものについてお話します。

履歴書不要の場合の面接時に持っていくものとは?

履歴書が不要な場合は、面接時に何を持っていけばいいのでしょか?

履歴書不要をいっても、上記「労働者名簿」の記入する内容を聞かれることがあるので、一応手元に履歴書をもっていた方がいいでしょう。

あと、本人確認の書類、学生だったら、学生証、一般的には、運転免許証、保険証、パスポートなどです。

そして、バイト代を振り込むための、振込口座や印鑑です。

通帳を持ち歩くのが不安な方は、コピーでもかまいません。

以上を面接時に持っていけばいいでしょう。

面接で重要なのは、疑問い思っていることがあれば、そこで解決しておくことです。

採用されていために、聞きたいことも聞けず、そのまま採用になり、働いてみたら、思っていることと違っていたなど、後で後悔します。

疑問や不安に感じていることがあれば、面接時にしっかり聞きましょう。

では次の項で、おすすめのバイト求人サイトを紹介します。

おすすめのバイト求人サイト!

 

おすすめのバイト求人サイトは「ギガバイト」です。

「ギガバイト」は、大手求人サイトと連携しているため、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能です。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろん、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げる求人などあります。

対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人等々、根強い人気を誇る求人をこれでもかというくらい掲載しております!

もっと詳しく「ギガバイト」について知りたいなら!

こちら→「なぜ?バイト探しに「ギガバイト」が大学生に選ばれているのか?」





このページの先頭へ