アルバイトにしろパートのしろ、正社員と同じく、働いて給料をもらう労働者に変わりない。

だから、労働者を守る法律は、そのすべてに適応される。

そこで、飲食店のバイト求人で知っておきたい法律の豆知識のついてお話します。


<目次>

・飲食店のバイト求人で知っておきたい法律の豆知識!

・飲食店のバイト求人!ブラックバイトの見分け方をご存知ですか?

・飲食店のバイト求人で短時間労働が可能なお店とは?

・飲食店のバイト求人で失敗しないための項目チェック!




飲食店のバイト求人で知っておきたい法律の豆知識!

飲食店のバイト求人で知っておきたい法律の豆知識としては、泣き寝入りはしないことです。

どうせバイトだからしかたないとか、バイトって所詮使い捨てなんだとか。

バイトだって労働者なんですから、労働基準法で守られているということを忘れないことです。

 

たとえば、勤務先までの交通費が払われないとか!

バイト代の支給が遅れるとか!

勤務時間が違うとか!

このように、おかしいことはすべて労働基準法に違反します。

 

では、そんな時どうすればいいのか?

 

まずは、書面にて(2部作成する)責任者に異議を申し立てることです。

面と向かっては言えないことも、紙に書けば言えます。

また、回答は書面でもらうことです。

口頭だと、言った言わないになるからです。

 

トラブルを避けるには、最初に労働規約書を取り交わすのが一番いいのですが、ほとんどのお店では、このよな誓約書はつくっていません。

もし、不安だったら、自身でつくって、相手方と労働規約書を取り交わすのも、トラブルを避ける一つかもしれません。

労働規約書のひな形はこちら→雇用契約書テンプレート

 

安心んできるバイト求人サイトからだと、労働基準法に違反する企業も少ないので、トラブルを避けたい方は、大手が提供する、バイト求人サイトから、バイト先を見つけるのが良いでしょう。

飲食店のバイト求人!ブラックバイトの見分け方をご存知ですか?

大学生のバイト探しで不安なのが、ブラックバイトでしょう。もし、ブラックバイトにひかかったら…。しかし、面接の段階では、ほとんどブラックバイトと判断できまえせん。では、飲食店のバイト求人で、ブラックバイトをどう見分け方たら良いのでしょうか?そこで、ブラックバイトにだまされない方法についてお話します。

→「飲食店のバイト求人!ブラックバイトの見分け方をご存知ですか?」の続きを読む

飲食店のバイト求人で短時間労働が可能なお店とは?

勉強する時間もほしいので、短時間のバイトってないかなって考えてる大学生も多いことでしょう。しかし、バイト情報サイトを見ても、なかなか短時間労働で雇ってくれるところは見つかりません。そこで、飲食店のバイト求人で、短時間労働が可能なお店はどんなお店なのか?どうすれば短時間労働で雇ってくれるのかについてお話します。

→「飲食店のバイト求人で短時間労働が可能なお店とは?」の続きを読む

飲食店のバイト求人で失敗しないための項目チェック!

バイトを探すときにお世話になっているバイト求人サイト。つねに新しい求人情報が掲載され、自分の要望を打ち込めば、素早く希望のバイトが見つかる。といことは、ライバルも同じように、情報をすばやく見つけ応募することに!でも、あせって、大事な項目を見落としてしまっては、元も子もありません。そこで、飲食店のバイト求人で失敗しないための項目チェックの方法についてお話します。

→「飲食店のバイト求人で失敗しないための項目チェック!」の続きを読む





このページの先頭へ