大学生のバイト探しで不安なのが、ブラックバイトでしょう。

もし、ブラックバイトにひかかったら…。

しかし、面接の段階では、ほとんどブラックバイトと判断できまえせん。

では、飲食店のバイト求人で、ブラックバイトをどう見分け方たら良いのでしょうか?

そこで、ブラックバイトにだまされない方法についてお話します。


<目次>
・大学生なら知っておきたい「ブラックバイト」

・大学生のための「ブラックバイト」撃退法!

・「ブラックバイト」を気にせず探せる求人サイト!

 

大学生なら知っておきたい「ブラックバイト」

「ブラックバイト」は、厚生労働省が調査に乗り出すほどの社会問題になっているのです。

「ブラックバイト」とは、一言でいうと、学業に支障をきたすほどの労働を強いるアルバイトのことです。

 

「ブラックバイト」といっても、たまたま遭遇した悪質なアルバイトにすぎないと思われるかもしれません。

しかし、それは違います。

かつての学生アルバイトは、あくまで正社員の補助でした。

低賃金でしたが責任も軽く、テスト前には自由に休むことができ、学業との両立も容易でした。

ところが、現在の学生アルバイトの様子は異なります。

低賃金は変わりませんが、正社員なみの過度な責任やノルマを課されることが多くなっているのです。

とくに、学生アルバイトの多くが働いている、飲食店、コンビニ、アパレル、学習塾などの業種では、店舗に正社員が一人しかおらず、ほとんどの仕事をアルバイトで廻しているところが多いのです。

 

その結果、「無理なシフトを組まれる」、「平気で違法行為・脱法行為が行なわれる」、「簡単に辞めさせて
もらえない」など、学業との両立を望む学生の実情も、働く人間としての権利も無視した働かせ方が横行しているのです。

しかも、そうしたことが、学生の社会経験の未熟さやまじめさ、労働法などの働くルールヘの無知につけ込むかたちで行なわれているから悪質です。

「ブラックバイト」は、決して、ある学生がたまたま不幸にして遭遇してしまった不運ではないのです。

では次の項で、大学生のための「ブラックバイト」撃退法!についてお話します。

大学生のための「ブラックバイト」撃退法!

では、大学生のための「ブラックバイト」撃退法はどうすればいいのでしょうか?

大学生がアルバイトをはじめる場合も、正社員の場合と同じように、アルバイト先の使用者が提示した労働条件に同意を与え、労働契約が成立することによって働きはじめることになります。

したがって、労働契約を締結する際には、アルバイト先が提示する労働条件を確認しておく必要があります。

学生アルバイトの場合、授業や定期試験、ゼミやサークルなど大学生活と折り合いをつける必要があるので、労働契約を締結する際には、学生らしく働けるアルバイト先であるかどうかをしっかりと確かめておくことが重要です。

 

労働基準法は、アルバイト先に対して、労働契約を締結する際に、労働条件を明示すること、特に、一定の重要な労働条件についてはそれを記した書面を交付することを義務づけています。

ところが、厚生労働省の調査によると、調査対象の学生アルバイトの58.7%が労働条件通知書等の交付がなされていないと回答しています。

こうした法違反の状況が「ブラックバイト」を蔓延させる原因にもなっていますので、アルバイトをはじめるにあたってば、必ず労働条件通知書の交付を受けて、労働契約を締結するかどうかの判断をしましょう。

また、労働条件通知書等の交付がなされていないバイト先の場合は、こちらのサイト→労働条件通知書 で確認できますから、ひな形として利用してください。

また、バイトの紹介サイトによっては、ブラックバイトを排除しているところもあります。

次の項では、「ブラックバイト」を気にせず探せる求人サイトを紹介します。

「ブラックバイト」を気にせず探せる求人サイト!

 

では、「ブラックバイト」を気にせず探せる求人サイトを紹介します。

「ブラックバイト」を気にせず探せる求人サイトとしておすすめなのが「ギガバイト」です。

「ギガバイト」は、気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろん、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げる求人や、対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人等々、根強い人気を誇る求人をこれでもかというくらい掲載しております!

もっと詳しく「ギガバイト」について知りたいなら!

こちら→「なぜ?バイト探しに「ギガバイト」が大学生に選ばれているのか?」





このページの先頭へ